ワークショップ/ ワークショップ事例紹介

フランスパン作り|ワークショップ紹介事例

フランスパン3

ワークショップ概要

  • タイトル
  • 開催時間:3時間
  • 対象:小学校3年~中学生
  • 背景:科学的に食と科学を結び付ける教育の機会が少ない。またHBの普及はあるがパンをつくる機会はまだまだ少ない。
  • 目的:小麦粉からパンをつくることで、発酵の原理を実感し、食と農業と科学のつながりや料理の喜び、食のおいしさを理解する。リーンなパンをつくることで小麦粉の甘さを感じてもらう。
  • 監修群馬大学大学院保健学研究科 金子 浩子

フランスパン作り

 

開催イメージ

参加者のコメント

「食と科学が実はつながっていたのにびっくりしました」
「科学の視点から食育を見て勉強になりした」

 

フランスパン作り

フランスパン2

フランスパン3

 

フランスパン作り

Print Recipe
Cooking Time: 3h

Ingredients

  • ・ドライイースト
  • ・ぬるま湯
  • ・強力粉
  • ・砂糖  
  • ・塩
  • ・ビニール袋 
  • ・オーブン
  • ・コップ   
  • ・ボール
  • ・菜箸    
  • ・クッキングシート
  • ・ふきん

Instructions

1

Step1.予備発酵(10分)

2

Step2.こねる(5分)

3

Step3.一次発酵(45分)

4

Step4.成形(15分)

5

Step5.発酵(40分)

6

Step6.茹でる(5分)

7

Step7.焼く(20分)

Notes

「食」と「農」と「科学」のつながりを理解する。 ■膨らむとは? ■発酵とは? ■なぜ強力粉か? ■グルテンとは? ■グルテンガムの紹介 ■小麦粉はどうつくられる? ■イーストの働き

 

 

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply