ワークショップ/ ワークショップ事例紹介

レモンであぶり出し絵]|ワークショップ紹介事例

レモンであぶり出し絵_アイキャッチ画像

ワークショップ概要

基本情報

  • タイトル
  • 開催時間:年少〜(小学生低学年向け)
  • 対象:30分程度
  • 背景:科学と食の結びつきが少なく、なぜ、どうして、を考えない子供たちが多い。
  • 目的:食物と科学のつながり、酸についての理解を深める。
  • 監修群馬大学大学院 保健学研究科 金子 浩子

レモンであぶり出し絵

レモンであぶり出し絵

開催イメージ

参加者のコメント

「食と科学が実はつながっていたのにびっくりしました」
「科学の視点から食育を見て勉強になりした」

 

レモンであぶり出し絵

Print Recipe
Cooking Time: 30min

Ingredients

  • ・ポッカレモン
  • ・半紙またはてんぷら油の紙
  • ・筆
  • ・ちいさなボール
  • ・ホットプレート

Instructions

1

Step1.半紙にレモンでお絵描きをする

2

Step2.乾いてからホットプレートに乗せる

3

Step3.こげて浮き上がってくる。

4

Step4.画用紙にはって、おえかきしてできあがり!

Notes

■セルロースの話、 ■酸によるタンパク質変性 ■こげとは

 

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply